2016/07/11(Mon)
新居の周りでは蝉の羽化が最盛期。取り壊した廃屋の周りには梅の木や紅葉が藪のようになっていたので、そこで育った幼虫たちが今出てきているのでしょう。出て来たら木がない。え、どうしよう!って感じでジタバタしているのを夕暮れ時にいくつか見つけます。
どういうわけか積み重ねたスタドレスタイヤが羽化する場所として人気。グリップが効くのでしょう。
ジタバタしていた1匹をここに誘導してあげました。


r
20:48 もうほとんど体が出ています。もう少し早く見ればよかったな。
r
21:15 殻から完全に抜け出して羽を伸ばし始めてます。
w
22:25 羽を伸ばし切りました。
q
朝になって体が色づいてきました。完成品ですね。
ミンミンゼミです。
[ 発熱弾性体 at 2016/07/11(Mon) 08:29コメント(2) ]
2016/07/09(Sat)
この冬に使う薪材を準備してあるのですが、野ざらしのまま。とうとうキノコが生えてきたりしているので小屋を作ります。
いろんなサイトで2x4を使った事例が紹介されているので参考にして設計しました。
全長24フィートの計画ですがまず半分の12フィート分を作ります。
1
整地して防草シートを敷き込みます。家の建築時に使ったものの余りを頂いてました。
後ろに見えるのはもともと建っている納屋。
2
砕石を業者に運んでもらいました。全部で3㎥ほど。薪小屋部分には1㎥強使います。
これホームセンターの袋詰めだと大変な金額になる量ですが、ダンプ1台で2万円弱(輸送量込み)
実は最近砂利と砕石の違いを知ったのです。
3
束石を水平に配置。これが結構根気がいる。砕石を突き固めながらの作業。汗が目にしみる。
この場所一日中陽が当たって暑くてしょうがない。まあ薪を乾燥させる場所なので良いのだけど作業には辛い。
4
2x4材を組んでいきます。暑くて作業がはかどらない。

5
久しぶりに日差しの弱い作業日和。今日完成まで持っていきます。
部材を組み立てていきます。
6
あとは屋根をかけるだけ。試しに波板を置いてみると屋根が直角になっていない!
背面側の柱が全体的に右に傾いていて前面に対してねじれているようだ。10mmくらいの誤差が屋根面を歪ませていた。
面倒だけど一旦接合部を緩めて歪みを治し、仮の筋交いを入れて締め直し。
本職の大工さんがやっていた手法にいちいち意味があることを思い知る。
7
完成。このあと左側にもう一棟つなげて作る予定

今回の反省をフィードバックしてバージョンアップを狙います。 
薪小屋図面
[ 発熱弾性体 at 2016/07/09(Sat) 08:48コメント(2) ]
2016/06/29(Wed)
 頂いたものです。佐渡のお酒。佐渡のお米を使って醸したお酒です。
純米酒のまろやかなコクがしっかりしていながら辛口。
口に含むと辛味を感じるが口の中でまろやかに変化する感じ。
こういう感覚はなかなかありません。
http://www.ginzado.ne.jp/~sakekuma/kinturu/kinturu04.htm
http://www.sakenokadoya.com/kato/zyunmai/
q
w
[ 発熱弾性体 at 2016/06/29(Wed) 21:35コメント(1) ]
2016/06/28(Tue)
 新居の前の畑の野菜作りはほとんど奥様の担当。都会育ちで経験ゼロなのによくここまでできるものだ。かなり勉強しているのでその成果が現れつつある。自給自足にはまだまだだけど、なんとか家計の足しになれば。そして将来は少しでも外に出せるようになるといいなあ。
21

あたしゃもっぱら草刈りです。
3
[ 発熱弾性体 at 2016/06/28(Tue) 10:49コメント(5) ]
2016/06/01(Wed)
 退職後の人生は実家の手前1kmのところまで帰ってスタートします。
長野県松本市、なんだけど旧四賀村です。
里山の生活に入ります。薪と太陽光からできるだけエネルギーを得る生活を目指します。
w
「ヒトは森で生まれ、森と共に進化してきました。なので森で過ごすと森との同調作用で心地よく感じるのです」
…ってのがフーガのフォレストエアコンのコンセプトで説明した概念ですが、森で悪化した体調が回復した実体験も持っています。人生の後半は森とちゃんと向き合って生きてみたいと思っています。

あと野菜づくりや果樹作りもやりたい。模型も復活させたい。3D CGも本気でやりたい。
やりたいことだらけでどうすりゃいいんでしょう。困ったもんだ。

新しい暮らしのベースとなる自宅、新居です。
ほとんどの材料を信州の木で賄っています。一部は父の持つ山の檜と杉。
今日引き渡しで明後日引っ越します。
1
[ 発熱弾性体 at 2016/06/01(Wed) 21:12コメント(2) ]
2016/06/01(Wed)
31年間勤務してきた日産自動車株式会社を退職します。
お世話になった皆さんと一緒に飲む機会をいくつも設けていただきました。
懐かしい顔。みんなに支えてもらった31年間のエンジニア人生だったと思います。

自分の仕事が少しでもクルマを通じてお客様の嬉しさに繋がっていたら
こんなにシアワセなことはありません。
昨日が出勤の最終日。

今の職制仲間達。辛い時期を乗り越えて成長への変革を成し遂げたこの3年間は誇りに思っていいと思う。
w

90年代の仲間たち。エンジニアとして一番成長できた時代に共に過ごしました。
え

かつての先輩、上司を交えて。お世話になりました。
r

職場の仲間たち。世界トップレベルの空調エンジニアと認められるように精進してください。
 q
[ 発熱弾性体 at 2016/06/01(Wed) 05:13コメント(1) ]
2016/03/20(Sun)
 今回の旅行のメインイベントと言っていいJR九州スイーツ列車「或る列車」
年末からキャンセル待ちをして約1ヶ月でようやく取れた席。
ハウステンボスから一旦佐世保に行き、この列車で長崎に戻るコース。
0

水戸岡デザインの豪華な造り。ななつ星の造作とほとんど同じだそうです。細かな細工にこだわりが見られます。
q11wr19
最初はお弁当「春休み」とスープ「春一番」
福岡 うちのたまごのオムライス、ビーフシチュー添え
熊本 車海老と人参のゼリー寄せ、宮崎 キャビアとともに
長崎 フグの照り焼き 筍と根菜、春菊の生姜風味
長崎 海の幸のスープ、大分 サフランの香り
3
スパークリングワイン
宮崎 都農ワイン
2
続いてスイーツ4品。どれも九州各地の食材と器。
「卒業式」
鹿児島 そら豆のカクテル仕立て
4
「うららか」
熊本 柑橘類のミックスサラダ
5
「桃の節句」
福岡 長崎 いちごと長崎 米麹の桃仕立て、福岡 酒かすソースと手まり餅
6
「ホワイトデー」
熊本 バターのパイ”貝合わせ"、福岡バニラの香り
福岡 生クリームのホワイトデー・マカロン、スミレの香り
福岡 八女抹茶と鹿児島 喜界島の黒糖わらび餅
7

最高の贅沢。まあ本当はななつ星に乗ってみたいのだけど、夢のまた夢。その世界は十分堪能できました。
8
[ 発熱弾性体 at 2016/03/20(Sun) 19:38コメント(3) ]
2016/03/20(Sun)
 朝からの雨もハウステンボスに着く頃には上がり、またしても晴れ男晴れ女っぷりを発揮。
それにしてもトヨタレンタリースのハウステンボス店にたどり着くのは難易度高い。ナビに表示されるのがホテルヨーロッパ。思わぬとろろでロスが出た。
z
s
園内(国内?)ではチューリップが満開!オランダっぽい雰囲気満開。
p
おあ
う
う

イルミネーションを楽しむにはちょっと寒く、体調を整えるために早めに引き上げました。
t
r
え
ホテル最上階のバーラウンジでご苦労様会と2日早いお誕生日会。
ホテルからクマさん頂きました。
w
q
[ 発熱弾性体 at 2016/03/20(Sun) 07:33コメント(0) ]
2016/03/18(Fri)
 あいにくの天気の中、それでも坂道を楽しんでいる間は雨がピタリと止んでくれました。
大浦天主堂からグラバー邸へ。
1
9
0
7
ブラタモリで紹介されていたドンドン坂
8

島原を回って嬉野温泉に。
ななつ星のツアーに指定されたほどの宿なので期待が高まる。
5
6
恐れ入りました。
また来たい宿に追加。
う
4
2
2
1
q
w
え
r
t
y
[ 発熱弾性体 at 2016/03/18(Fri) 21:37コメント(0) ]
2016/03/17(Thu)
早いものでもう30年。20年の時が屋久島で今回は長崎。
最大のお楽しみは4日目 に取っておいてまずは長崎市内観光。

ソラシドエア
そそら
1日目は龍馬ツアー。タモさんのように高低差を満喫する。
りょかりょめ
これが例の坂道を滑り降りるゴミ収集バケットだな。
ご
皿うどんをいただく。
さちゅ
ホテルモントレーは造りがちょっと古いが欧風のおしゃれな雰囲気だ。
も
[ 発熱弾性体 at 2016/03/17(Thu) 20:34コメント(0) ]
プロフィール
発熱弾性体
平日はなかなか書き込めないぞ 牡牛座・丑年・B型...これがマイペースなのだ
リンク集
管理用