2012/09/09(Sun)
 1
勝沼 大和葡萄酒の「十二原」
故郷の松本市旧四賀村、四賀ワイナリーで醸造されたものです。
ブドウはメルローを主体にブレンド。
フルボディの割にはちょっと軽め、フルーティーかな?って印象。二日目の方が美味しい気がした。

国産フルボディ赤ワイン愛好家大注目!国産長野県松本市十二原地区産メルロー!長野県松本市(旧四賀村)十二原地区のなんと標高730メートルの栽培適地で収穫された、垣根栽培のメルローを使用して造られた国産フルボディ赤ワイン!冷涼な気候で栽培された葡萄らしい凛とした酸味としっかりしたタンニンの中にメルロー種の優しさが表現されており、ブルーベリージャムのような香りが余韻に残る。
(うきうきワイン玉手箱)



[ 発熱弾性体 at 2012/09/09(Sun) 19:22コメント(0) ]
2012/09/02(Sun)
勝沼のレストラン。
そう、先週ぶどう狩りに行ったのでその時の...ではないんです。今日。
実は先週予約無しで飛び込んだら満席でNG。さすが人気のレストラン。
今日は実家の帰りにリベンジで寄ってきました。もちろん予約して。

昨年の 見つけてお気に入りのお店になりました。
ランチ1670円。 
トマトの冷製スープ
1

サラダ。おそらくシェフの実家の野菜。
2


そして甲州麦芽もも肉のグリエ
3
柔らかくて美味しい。
本当はワインを頂きたいのだがそう言うわけにはいかない。
残念。

[ 発熱弾性体 at 2012/09/02(Sun) 15:57コメント(0) ]
2012/09/01(Sat)
 ツバメ落下事件の結末は5羽のヒナの餓死。
実家に帰って聞かされた事実はあまりにショッキングなものでした。
落ちたヒナを戻した翌日、おそらく同じヒナが落下。既に死んでいたそうです。
その後親鳥が全く巣を訪れなくなり、残された4羽のヒナはそのまま餓死したそうです。
2
ヒナを戻したのがいけなかったのでしょうか。
匂いがつかないように軍手をして慎重に戻したつもり。
でも一旦人の手に触れたヒナが野生で育てられる事はあり得ないのでしょうか。
でも何故他の4羽まで。

落ちた1羽は「落ちた」のではなく「落とされた」のでしょうか。
他の4羽の命を守るために最も弱い1羽が犠牲にされたのでしょうか。
親鳥によって、もしくは兄弟たちによって。
何も知らない人間が余計な事をしてしまった?




[ 発熱弾性体 at 2012/09/01(Sat) 14:09コメント(0) ]
プロフィール
発熱弾性体
平日はなかなか書き込めないぞ 牡牛座・丑年・B型...これがマイペースなのだ
リンク集
管理用