2013/03/30(Sat)
会社あがってShadeのセミナーに行ってきました。
今回はデザイナーの東海林小百合さんの作品をもとにワークフローの紹介。化粧品(香水)のパッケージデザインのコンペに勝ち抜いてデザインが完成するまで。
1
プロの人が生で語る話には迫力があって素晴らしい。
デザイン系短大卒で英語もそんなに出来ないのにいきなりニューヨークに渡り、大学に入って仕事をとり成功するまでの話はすごかった。デザインのアイデア出しから詳細を詰めるまでShadeを道具として活用している。 
2
これが今回のお話のテーマとなった香水の瓶とパッケージ。
3
クライアントの要求を具現化しつつ「らしさ」を主張する。
プロって厳しいなあ。

[ 発熱弾性体 at 2013/03/30(Sat) 20:26コメント(0) ]
2013/03/30(Sat)
 ラムルー[2007]年・シャトー・ローザン・セグラ元詰・AOCマルゴー

4本目のボルドーはマルゴーの2級格付けシャトー・ローザンセグラ。さすがにセカンドワインでないと手が出ません。渋み酸味バランスがとれたワインだと思います。それほど渋みがガツんと来るほどパワフルではなく、かといってあっさりと面白みの無い感じでもありません。年度末につき飲み会が続いてしばらくボルドーが飲めなかったのですが、やっぱりそれなりのワインは美味しい。
1
メドック・グラン・クリュ・クラッセ・フルボディ辛口赤ワイン愛好家大注目!マルゴー高級格付ファンも大注目!マルゴー格付で、今やシャトー・パルメと共に格付第一級に“一番近い”“限りなく一級に近い2級「スーパー・セカンド」”と言われる、オートクチュールのシャネル経営によるマルゴー格付、ローザン・セグラの飲み頃!セカンドワイン!シャトー・ローザン・セグラの2nd“セグラ”と中身がまったく同じ!その名もLAMOUROUX(語源はアモーレ(愛))“愛”からきています。このワイン、実は社長のジョン・コラサ氏がこのワインで“奥様への愛の告白”に使ったと言うエピソードがあります。ワイン版ミシュランと言われるクラスマンに「シャトーマルゴーに対抗できる唯一のブドウ畑を所有するプレステージュ・シャトー」と言わしめ、ロバート・パーカー氏には「ここのワインは手に入れる価値のある華麗なものだ」と言わしめた、ローザン・セグラの飲み頃セカンド!シャネル経営のマルゴー格付のセカンド。
(うきうきワインの玉手箱)
[ 発熱弾性体 at 2013/03/30(Sat) 20:16コメント(0) ]
2013/03/08(Fri)
シャトー・ラグランジュ[2008]年・メドック・グラン・クリュ・クラッセ
1
ボルドーの3本目のワイン。今回はメドック地区サン・ジュリアンの3級格付けのシャトーのワイン。お値段もそれなりの結構な物です。がつんと来るタンニンに面食らうけど美味しい。とにかく重くてしっかりとしたワイン。好みです。明日になると空気に触れる事によってまた少し違った味わいが期待できます。
今週は ゆるゆると頑張りました。ご褒美。

2

超希少!ボルドー メドック高級格付フルボディ辛口赤ワイン愛好家大注目!メドック・サン・ジュリアン格付第三級!サンジュリアン村を代表する、手摘み100%で丁寧に造られる格付シャトー!から、人気のヴィンテージ!厳しい評価で知られるル・クラスマン(現レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス)に星付で大注目させ、「特筆に値する厳格なセレクションによって堅牢で色が濃く古典的なメドックのタンニンを持つ実に安定したワイン」と言わしめミシェル・ベタンヌ&ドゥソーヴの“ル・グラン・ギ・ド・デ・ヴァン・デ・フランス誌2012年版”では、「テクスチュアの繊細さと洗練さが増しており、品格の面でも価値の面においても、レオヴィルに近づいている。」と大絶賛し、3B&Dマーク!!で、16点の高評価!(飲み頃2018~2026年)アシェット・ガイド誌2012年版でも、この2008年を大注目!ゴーミヨ誌2011年版★★★★★5つ星で、この2008年がグレイトの2009年と同評価の16.5/20の高評価!ワインスペクテーター誌驚異の91点で絶賛!(飲み頃今~2019年)(2011年4月30日号)ロバート・パーカー氏は★★★★4つ星生産者に挙げ、この2008年でパーカーポイント89点+!飲み頃なんと今~2034年!ワインジャーナルでニール・マーチンが驚異の93点(飲み頃今~2030年)獲得!ヒュー・ジョンソン氏にも「面積131haの畑は、現在最高の状態にあり、ワインもそれににつかわしいものになっている」と絶賛!
( うきうきワインの玉手箱)
[ 発熱弾性体 at 2013/03/08(Fri) 21:20コメント(0) ]
2013/03/03(Sun)
記念日旅行は南伊豆の弓ケ浜。美味しい魚を食べに行きました。
料理を選択基準として選んだ宿が「なごみ詩」
料理の評判がよろしい。 
5

貸し切りの温泉を堪能した後夕食。
いきなり巨大な塩竈が出てきます。中身は相模湾の金目鯛。
猫もビックリの食いつくし様で完食。
3

お造りは刺身としゃぶしゃぶ両方で頂きました。
2

あわび。コリコリ。
1

弓ケ浜の海岸まで歩いて1分未満。
7

河津桜の盛りでした。
河津町も通過したのですが人だらけ、高額な駐車場代でとても寄る気にはなれませんでしたが、南伊豆町の方は駐車場無料。
お天気が悪かったのが残念。
46
[ 発熱弾性体 at 2013/03/03(Sun) 17:03コメント(0) ]
2013/03/03(Sun)
ステッカーを貼り込んでモデリングはこれで完成。
全体が半艶の黒なのでステッカー部分も同じ光沢にしないと妙な反射になってしまいます。 
1

そして画作り。
いつものサーキットの路面を持ってきてHDRI画像でグローバルイルミネーションの調整。
ちょっと夕暮れの雰囲気のある画像になりました。
ホイルの回転と背景にモーションブラーをかけて流し撮り風にします。
2


ここから先は悪のり?
CALSONICがスポンサーになってINPULが走らせたらこうなるだろうと言う画。
星野監督に運転してもらいます。
3
[ 発熱弾性体 at 2013/03/03(Sun) 16:34コメント(0) ]
プロフィール
発熱弾性体
平日はなかなか書き込めないぞ 牡牛座・丑年・B型...これがマイペースなのだ
リンク集
管理用