2014/01/26(Sun)
 あ
クローゼットの中の「昭和」を整理整頓してます。30年くらい前のボールペンアート発掘。自作のカセットのラベル。音楽をとてもとても大事に聴いていた頃のものですね
[ 発熱弾性体 at 2014/01/26(Sun) 12:58コメント(1) ]
2014/01/19(Sun)
香りに不思議な埃っぽいアロマが混じります。タンニンがしっかりしていて後味に渋みが残ります。
ボルドー ペサックレオニャン地区のワイン。
q
w
レ ドゥモワゼル ド ラリヴェ オー ブリオン ルージュ [2005]
深いガーネット色。ロースト香と黒い果実系のフルーツ香が見事にマッチ、複雑でエキサイティングな味わいを演出しています。口当たりの良い深みのある味わい、パワーとバランスそしてまろやかなタンニンの舌触り、辛抱強く熟成させて飲めば、さらに偉大なワインになることでしょう。
このワインはセカンドワインですが、シャトーではファーストワインとセカンドワインは畑や樹齢によって峻別されておらず、全く同じ様に育てた葡萄を発酵・熟成させたワインを瓶詰めする際に、ファーストワインとセカンドワインに分けております。従って、他のシャトーのセカンドワインと比べて、ファーストワインとの差異は少なく、セカンドワインとして高品質なものに仕上がっています。2008年には白ワインが全日空の国際線ファーストクラス(欧州線)で提供されました。
(ワインダール)

[ 発熱弾性体 at 2014/01/19(Sun) 22:03コメント(0) ]
2014/01/12(Sun)
ボルドー サン・テミリオンのワイン。 
ものすごく強い渋みに圧倒されます。香りも豊か。
q
w

シャトー・フォンブランジュ  サン・テミリオン 2007
世界遺産に選定されたサン・テミリオンで、1679年から続いているCH.フォンブロージュ。
ロバート・パーカー氏はCH.フォンブロージュについて、「サン・テミリオンの有望なワイン」「リーズナブルな価格」「ぜひ試してみるべき」と大絶賛のコメントを連発しています。
このシャトー、実はベルナール・マグレが所有しており、CH.パプ・クレマンやCH.ラ・トゥール・カルネとは兄弟ワインとなります。そして、コンサルタントはミッシェル・ロラン氏。評価が高いのも納得ですよね。
平均樹齢30年のブドウを手摘みし、25mもの大きな選果台で良質なブドウのみをセレクト。新樽比率は50%。ブドウ品種はメルロが80%前後、残りはカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フラン。
[ 発熱弾性体 at 2014/01/12(Sun) 18:25コメント(0) ]
2014/01/02(Thu)
 w
何時ものように穂高神社に初詣。 その後2年前にも行った有明神社近くのイタリアンレストラン、タヴェルナ ラピュタでランチ。 タヴェルナというのは大衆食堂の意味のようです。食べるなと言っているわけではありません。
ettt
[ 発熱弾性体 at 2014/01/02(Thu) 00:00コメント(1) ]
プロフィール
発熱弾性体
平日はなかなか書き込めないぞ 牡牛座・丑年・B型...これがマイペースなのだ
リンク集
管理用