2016/09/08(Thu)
さあ、久しぶりに車のCGを作ります。
題材は1991年のルマン総合優勝車、MAZDA 787B。
速いも速いがロータリーエンジンのサウンドが素晴らしい。最近ちゃんとレストアされてデモ走行に引っ張りだこのようだが、往年のグループC車両では一番の人気車両かもしれない。

いつものように自由曲面でボディーをモデリング。
7

モデリングライトを上手に使うと凹凸の状態が把握しやすい。
7

この塗り分けが結構厄介。&で着色部にブロックを重ねていくのだが2重3重の入れ子構造にしないとステッカーの重ね張りが表現できない。
5
4

ロゴも画像で貼り込むのではなく、形状データを重ねるのが有効。
6

完成画像です
 3
1
2
[ 発熱弾性体 at 2016/09/08(Thu) 14:19コメント(1) ]
2015/04/19(Sun)
NISSAN GT-R LMの製作記

あっと驚くフロントミッドシップのFF駆動。
デルタウィングも革新的だったけどこれはどうなんだろう。
スタイリングがいまいち魅力的でないのは今までとあまりに違いすぎるから?
(デルタウィングはかっこよかったけれどね)
4月から走るはずだったのに6月のルマンまでは走らないことが決まったり、大丈夫なんだろうか。
まあ、こういったものは勝てばかっこよく見えるもの。期待しましょう。

モノコックからモデリング開始 
01

どうにもレーシングカーには見えないフォルム。
FFなのでコックピットの後ろよりも前が高くて長い奇妙な形状になっています。
2

大まかな形状はこれで出来上がり。細部の工作にかかります。
34

ステッカーの貼り込み。
56

本番はもっと違ったカラーリングになるのでしょうか。
どうもこの赤一色が好きじゃない。
79

出来上がったら見えることのないエンジンルームの作成。
R90CPのV8エンジンを移植したけれどバンク角は90°から60°に変えたり、当然6気筒にしたり。
結局ほぼ新設です。
9

完成
10

[ 発熱弾性体 at 2015/04/19(Sun) 17:25コメント(0) ]
2014/11/29(Sat)
 1
2
B110のレース車両からトラックに変身。
職場の仲間のYさん仕様!
[ 発熱弾性体 at 2014/11/29(Sat) 17:26コメント(0) ]
2014/05/24(Sat)
メーター、ステアリング、電装品の作り込み。
今年のNISMOチームは本山選手じゃないけどヘルメットが本山のまま。
また後で直しましょう。

1

 
2

オンボードカメラ風
3
[ 発熱弾性体 at 2014/05/24(Sat) 17:58コメント(0) ]
2014/04/28(Mon)
新しいGTRにはもちろんカルソニックカラーもあり。
q
w
初戦はGTR勢の中で一番良い成績でしたが3位。予選の速さは何だったのだ。
今週末の富士に期待!

Shadeの作品のページにちょっと手を入れました。
タブレットではあまり変わりないですが、大きなモニターで見た時に大きく見えるようにしました。
http://farm-kusama.nsf.jp/iWeb/Car_Graphics/Car_Graphics/Car_Graphics.html
[ 発熱弾性体 at 2014/04/28(Mon) 19:26コメント(2) ]
2014/03/15(Sat)
14年カラーが発表されたので早速カラーリングをやり直して走らせました。 
4
221
[ 発熱弾性体 at 2014/03/15(Sat) 09:15コメント(3) ]
2014/02/04(Tue)
去年までの開発モデルからいよいよ本番のレース仕様が登場しました。1月に行われたセパンでのテストで見られた形状に修正しました。ボトムからの高さ275mm以内とタイヤハウス周りに許された空力形状にだいぶ手が入れられています。開幕まであと2ヶ月、楽しみです。
q 

こちらが去年の開発モデル。
w
[ 発熱弾性体 at 2014/02/04(Tue) 21:05コメント(0) ]
2013/10/05(Sat)
完成。
 sa
[ 発熱弾性体 at 2013/10/05(Sat) 06:33コメント(2) ]
2013/08/25(Sun)
q
面の修正をして行きます。GT3そのままって訳にはいかない。ボディーの幅はむしろ狭くなる。オーバーフェンダーの形状もかなり特殊。
w
大まかな形状はこんなところでしょうか。


[ 発熱弾性体 at 2013/08/25(Sun) 00:00コメント(0) ]
2013/08/18(Sun)
車両の写真が公開されたので早速モデリングに入ります。
現行GT500に比べるとかなりベース車の面影が残る形状になります。フラットボトムから上275mmまでとオーバーフェンダーはかなり自由ですがそこから上はほとんど市販車形状でなければならないみたいです。
従って今年までのデータではなくGT3のモデルをベースに作ることにします。

まずは規定のラインの下を大胆にぶった切ります。
 d
[ 発熱弾性体 at 2013/08/18(Sun) 00:00コメント(0) ]
プロフィール
発熱弾性体
平日はなかなか書き込めないぞ 牡牛座・丑年・B型...これがマイペースなのだ
リンク集
管理用