2016/09/13(Tue)
住まいと暮らしの雑誌。申し訳ないことに取材を受けるまでこの本の存在をよく知らなかったのですが、自然との関わり、地域との関わりの中で自然とともに自然素材の住宅に住まう暮らしを扱う雑誌で、まさに今の暮らしそのもの?
取材は7月だったので夏野菜真っ盛りの頃でした。
土間サロンのテーブルが間に合っていなかったのが残念。

q 
[ 発熱弾性体 at 2016/09/13(Tue) 12:06コメント(3) ]
2016/07/25(Mon)
地域の有志10数人で「そば会」が結成されています。我が家の目の前の父の畑を毎年そば会に使ってもらって蕎麦を育てています。で、今年も種まきの季節を迎えました。
父もメンバーなのですが、足の調子が芳しくないので代行を依頼されてました。まあ結局当日になって父も参加できたのですが。
皆さん朝が早い。7時集合のはずが6時40分には何人かが作業開始。ほとんど60代から80代のメンバーがそれぞれの分担に従って一気に畑を仕上げていきます。なんとまあ元気なこと。新参見習い中の私は種の上からの土かけを実施。
3
1
2
[ 発熱弾性体 at 2016/07/25(Mon) 00:00コメント(3) ]
2016/07/18(Mon)
あ
s 
[ 発熱弾性体 at 2016/07/18(Mon) 00:00コメント(2) ]
2016/07/13(Wed)
今日もいただいたお酒を楽しみます。
弘前のカネタ玉田酒造 斬 純米吟醸 肴ラベル
http://www.aomori-sake.or.jp/kuramoto/hanaippuu.html
まずラベルの雰囲気がいいですね。「そこら辺では手に入らないぞ」という特別感。
純米吟醸らしいふくよかなとろりとした口あたり。
すっきり辛口を感じた後は甘味の印象が残る。

自分で買うとお気に入りに偏ってしまうけど、頂き物をきっかけに新たな出会いがあって嬉しい。

さて今日の肴はふるさと納税で頂いた(頂いたって言っていいのかな?)ノドグロ。これまた絶品。
そして自宅畑の初物トウモロコシ。これもクリーミーな甘味。
サラダも自宅と実家の野菜中心。
なんて贅沢なんだろう。

w
q 
[ 発熱弾性体 at 2016/07/13(Wed) 20:00コメント(2) ]
2016/07/12(Tue)
q
テレビ見てたら誰かが庭で動いているのを感じて…見てみると…
なんとキジの親子。
母と子が5羽。都会だったらカルガモの親子が話題になるけどここではキジかいな。
スマホのズームなので解像度低いですけど。
[ 発熱弾性体 at 2016/07/12(Tue) 08:53コメント(1) ]
2016/07/11(Mon)
新居の周りでは蝉の羽化が最盛期。取り壊した廃屋の周りには梅の木や紅葉が藪のようになっていたので、そこで育った幼虫たちが今出てきているのでしょう。出て来たら木がない。え、どうしよう!って感じでジタバタしているのを夕暮れ時にいくつか見つけます。
どういうわけか積み重ねたスタドレスタイヤが羽化する場所として人気。グリップが効くのでしょう。
ジタバタしていた1匹をここに誘導してあげました。


r
20:48 もうほとんど体が出ています。もう少し早く見ればよかったな。
r
21:15 殻から完全に抜け出して羽を伸ばし始めてます。
w
22:25 羽を伸ばし切りました。
q
朝になって体が色づいてきました。完成品ですね。
ミンミンゼミです。
[ 発熱弾性体 at 2016/07/11(Mon) 08:29コメント(2) ]
2016/07/09(Sat)
この冬に使う薪材を準備してあるのですが、野ざらしのまま。とうとうキノコが生えてきたりしているので小屋を作ります。
いろんなサイトで2x4を使った事例が紹介されているので参考にして設計しました。
全長24フィートの計画ですがまず半分の12フィート分を作ります。
1
整地して防草シートを敷き込みます。家の建築時に使ったものの余りを頂いてました。
後ろに見えるのはもともと建っている納屋。
2
砕石を業者に運んでもらいました。全部で3㎥ほど。薪小屋部分には1㎥強使います。
これホームセンターの袋詰めだと大変な金額になる量ですが、ダンプ1台で2万円弱(輸送量込み)
実は最近砂利と砕石の違いを知ったのです。
3
束石を水平に配置。これが結構根気がいる。砕石を突き固めながらの作業。汗が目にしみる。
この場所一日中陽が当たって暑くてしょうがない。まあ薪を乾燥させる場所なので良いのだけど作業には辛い。
4
2x4材を組んでいきます。暑くて作業がはかどらない。

5
久しぶりに日差しの弱い作業日和。今日完成まで持っていきます。
部材を組み立てていきます。
6
あとは屋根をかけるだけ。試しに波板を置いてみると屋根が直角になっていない!
背面側の柱が全体的に右に傾いていて前面に対してねじれているようだ。10mmくらいの誤差が屋根面を歪ませていた。
面倒だけど一旦接合部を緩めて歪みを治し、仮の筋交いを入れて締め直し。
本職の大工さんがやっていた手法にいちいち意味があることを思い知る。
7
完成。このあと左側にもう一棟つなげて作る予定

今回の反省をフィードバックしてバージョンアップを狙います。 
薪小屋図面
[ 発熱弾性体 at 2016/07/09(Sat) 08:48コメント(2) ]
2016/06/28(Tue)
 新居の前の畑の野菜作りはほとんど奥様の担当。都会育ちで経験ゼロなのによくここまでできるものだ。かなり勉強しているのでその成果が現れつつある。自給自足にはまだまだだけど、なんとか家計の足しになれば。そして将来は少しでも外に出せるようになるといいなあ。
21

あたしゃもっぱら草刈りです。
3
[ 発熱弾性体 at 2016/06/28(Tue) 10:49コメント(5) ]
2016/06/01(Wed)
 退職後の人生は実家の手前1kmのところまで帰ってスタートします。
長野県松本市、なんだけど旧四賀村です。
里山の生活に入ります。薪と太陽光からできるだけエネルギーを得る生活を目指します。
w
「ヒトは森で生まれ、森と共に進化してきました。なので森で過ごすと森との同調作用で心地よく感じるのです」
…ってのがフーガのフォレストエアコンのコンセプトで説明した概念ですが、森で悪化した体調が回復した実体験も持っています。人生の後半は森とちゃんと向き合って生きてみたいと思っています。

あと野菜づくりや果樹作りもやりたい。模型も復活させたい。3D CGも本気でやりたい。
やりたいことだらけでどうすりゃいいんでしょう。困ったもんだ。

新しい暮らしのベースとなる自宅、新居です。
ほとんどの材料を信州の木で賄っています。一部は父の持つ山の檜と杉。
今日引き渡しで明後日引っ越します。
1
[ 発熱弾性体 at 2016/06/01(Wed) 21:12コメント(2) ]
2016/02/21(Sun)
山仕事再開。
先週の暖かさで雪が全部融けて、年末に伐採した木の玉切りです。
最高の薪になりそう。
12
[ 発熱弾性体 at 2016/02/21(Sun) 06:25コメント(2) ]
プロフィール
発熱弾性体
平日はなかなか書き込めないぞ 牡牛座・丑年・B型...これがマイペースなのだ
リンク集
管理用